💕サイト内検索(Search for…)💕

Ikemen Sengoku

英語版イケメン戦国と日本語版イケメン戦国はどう違うの?

英語版イケメン戦国と日本語版イケメン戦国はどう違うの? What is the difference between Japanese version and English version of Ikemen Sengoku? 普通にイケ戦やってるけど、プレイストア見てたら英語版があった!ストーリーの内容はそっくりそのまま一緒なのか!?と思いきや意外な結果に!

さて、英語版のイケ戦をプレイするまでの経緯を知りたい方はこちらの記事を(笑)。

Here is the article that I’m explaining why I decided to play English version of Ikemen Sengoku. The article is written in Japanese.

効果あるの?英語力伸びるってホント?英語版のイケメン戦国をプレイして英語勉強!本当に英語版イケメン戦国をプレイして英語力が上がるのか検証すべく、いざインストール!そして実際に初めて見た。なんと想像を遥かに越えたコン...

「そんなのはいいから、早く英語版イケメン戦国について教えてよ!」という方はこのままどうぞ(笑)。

あ、ちなみにこの記事を読んでくれている姫様たちも一緒に英語の勉強をしましょう♪ということで日本語と英語Mixedで説明していきますヾ(*´∀`*)ノ Well, Sometimes in my English sentences, you might find some grammatical errors, though please let this slide lol.

Let’s start the app♬ってことでアプリを始めよう!

インストール後の手順は一緒で起動後、紹介ムービーが流れる。もちろん武将たちの決め台詞も英語!

Wow! From the beginning I felt like this app is gonna be so fun!とか思い早速プレイ!

From the prologue, 翻訳家の方のTranslation SkillsにビックリΣ(゚Д゚)!

What a amazing translation! I cannot be like you, Translators!! Soooo fantastic scene description!というぐらい感動!

それもそのはずで、日本語版イケメン戦国より英語版イケメン戦国の方がプロローグの時点ではシナリオの表現がいいし、ストーリーが深い!

From my point of view, English version of Ikemen Sengoku translated too awesome and is truly depicted, or even better than Japanese version of Ikemen Sengoku.

Which one is the Best? English or Japanese?
日本語版か英語版どっちがいい?比較してみた!

Let’s compare both of them. とりあえず、どっちがいいのか比較してみよう!

Here are the reasons that I think It is easier to empathize with English version of Ikemen Sengoku than Japanese version of Ikemen Sengoku. But I’m just letting you know that I only read the prologue so. Please, notice that this is all about the review of the prologue of Ikemen Sengoku. I will go for the main stories sometime soon. For this review, I’m gonna compare the carefully selected scenes because if I have to explain all the prologue, I can’t go sleep forever so lol.

まぁ、私としては英語版イケメン戦国の方がプロローグ内の表現がとても細かくて上手いなと思います。とりあえず、英語でも書いてるのだけれど、現時点で読み終わったのがプロローグだけなので、あくまでプロローグの比較という事で考えてくださいね。

はいっ!てことでここからがなぜそう思ったのか解説します!全部紹介しているとキリがないのでピックアップしました。

興味深いシーンの比較がこちら。
Comparing the interesting scenes of the apps.

伊達政宗の紹介シーン Introduction of Masamune Date

まずこのシーン!左が日本語のイケメン戦国 and right one is English version of Ikemen Sengoku.

     

日本語版だとなんかとてもシンプルな描写。まぁ、さくさく読むんだったら短い方がいいのか!?なんて思いつつ(笑)。英語版のイケメン戦国では「『独眼竜』私、その名前大好きだわ♪しかも眼帯がいい感じ!」主人公の褒め方が私が読んだ感じ、”お茶目♡”ってノリに聞こえる(;^ω^)?この記事読んでる姫様たちでバイリンガルの方、どう感じたのかお問合せからご意見お待ちしてます(笑)。なんというか、英語版では独眼竜という名前に対して主人公がどう思うのかとか、その情報に基づいて政宗が着けている眼帯については・・・と結構細かく書かれている。

As you can tell that the app of Japanese version is decribing how the heroine thinks about Masamune Date by simple sentences. In that sentences say  ‘The nickname, “The One-Eyed Dragon” is so cool! But he is not from kyoto.’ I think English version is digging down into the detail of the scene.

本能寺にて At Honnouji

     

ここでもやっぱり日本語版はシンプル。それに比べて英語版はというと、「え!?これだけ?なんかシンプルで淋しげな記念碑・・・。しかも小さいし・・・。信長様はこれを見てがっかりとかしないのかな?」というような感じ。主人公がやっぱり細かくそのシーンについての光景と感情を説明してくれる。織田信長を気遣う主人公優しい(笑)。

In Japanese version, Heroine says “The site…This is it!? The monument is smaller than I expected.”

過去の本能寺にて  At Honnouji in 1582

Scene 1
            

英語版では長い棒を歩くために使う杖と表現。長い棒と説明されるよりはなんだかストーリーの展開が面白く感じた。なんせ主人公が「あれ?あの人、足が悪いのかな・・・杖ついてる?大丈夫かな?・・・・????!!!???えええええええええ!?刀なんですけど!?」ってな感じにリアクションが面白かった。

In Japanese version, to rephrase a walking stick, the heroine call it as a long stick.

Scene 2
           

英語版のイケ戦では主人公がショックで顎が外れるような勢いであんぐりと口を開けているという感じ。日本語版のぽかんより驚いてる感が出てます(笑)。

In Japanese version, ‘ I just stood there “with her mouth agape,” and find smoke from the gate of the temple.’ It does not describe her reaction and the view of the temple, where is actully burning. It’s seems like Japanese version is a lack of explainations, though Japanese is the language that people always need to get the message from the sentence or words.

Memorizing the historical events by using mnemonics.
語呂で歴史イベントを覚える
    

この日本の歴史を語呂で覚えたという主人公。ちなみに私もこの語呂をはじめって知ったのはいうまでもない(笑)。私も中学2年生までは日本の教育を受けていたから、この語呂を知っていてもおかしくないのに・・・。なんでだ・・・。まぁ、それはさておき・・・。このシーンの英語版でも主人公が英語で語呂合わせ的なことをやっているのだが・・・。解読できない(;^ω^)・・・(笑)ちなみに英語にも歴史を覚える際に語呂合わせみたいなのが一応あってそのイベントに基づく単語を使って覚えます。ちなみにアメリカの高校の授業で一番印象に残った語呂がこちら。”I captured south’s flags.” これは南北戦争の年号を覚えるための語呂。他の英語圏では分からないが、アメリカでは単語数を数字に変換するというもの。なのでこの場合、1865年というわけ。そんなロジックはわかっているのだけれど・・・なぜ1582年がこの”Nobunaga’s ambitions burned in a coup!”になったのだろう・・・。誰か分析出来た人教えてください(o_ _)o))ペコ。

Does anyone solve what “Nobunaga’s ambitions burned in a coup!” is? I tried to transform the words into the numbers, which must be 1582, though it doesn’t make sense. LoL.

まとめ Conclusion

という感じだったのですが、いかかでしょうか?日本語版イケメン戦国を読んでいて思ったのは、日本語を読む際に日本人はその短い言葉から何かを察してそのシーンを思い浮かべる習慣が付いているということなのでしょうか?読解力っていうやつですね。その短い文章から多様な主人公の気持ちみたいなを自分で創り出すということなのか・・・。ちょっと不明ですが(笑)。私は日本語版のプロローグより英語版のプロローグの方がしっくりきちゃったんですけど・・・。皆さんはどうでしたか?よかったら教えてください。

It’s seems like Japanese version is a lack of explainations, though Japanese is the language that people always need to get the message from the sentence or words. I believe it is a part of Japanese culture. From the simple sentences, we could image the scene of the stories various ways. It’s all up to you. Although I’m Native speaker of Japanese, I prefer English version of Prologue somehow. It maybe because I grew up in America from the age of 14 to 22 so. What do you think about my analysis of Ikemen Sengoku?

さて、メインのストーリーはこの記事の評判をみながら時間がある時にやっていきたいと思います。なんせ掛け持ちだらけなので(;^ω^)。。。

Again, I will go for the main stories sometime soon. Thank you for reading this otome game article.